独白する Around Forty

日常のことをつぶやくのみ。ただの日記です。

ゴルフの練習:スイングアーク

f:id:neuf9trois3:20180527211414j:plain

 

本日のゴルフ練習の備忘録です。

 

①スイングアークを意識

スイングアークとは、体からクラブの先までの距離。これを一定に保つ。つまり、腕を体に付けて、脇を開かないようにする。体を向けることでスイングする。腕だけでスイングしない。

 

②フィニッシュの形

8時4時、9時3時で練習。肩がいからないように力を抜く。体は正面を向く。クラブヘッドは正面に。左に行き過ぎない。行き過ぎるのは腕を使ってしまっているから。右足はつま先立ちに。

 

③8時4時

体でバックスイング。頭は上げない。フィニッシュは左腕が水平まで。たまに右手は二本指で練習。親指とヒトサシ指。

 

④9時3時

体でバックスイングから、左腕ストレッチ。フィニッシュは腕が上がるところまで。開き過ぎないように。

 

⑤意識すること

体でスイング。腕でスイングしない。体の向きを変えることでスイングする。

 

 

 

ゴルフの練習:バックスイング⇒スイングリーチを意識

f:id:neuf9trois3:20180527211414j:plain

 

こんにちは。はちはちです。

ルフレッスンの備忘録です。

 

①アドレス時の膝

膝は曲げすぎない。意識して曲げなくていい。膝を緩める程度。

 

②バックススイングの入り

体全体で。腕だけで行かない。体全体で行ってから左腕をストレッチ。

 

③ダウンスイング

左膝から開く。腰から回転させる。

 

④スイングリーチを意識

首の後ろから左手までがスイングリーチである。

 

⑤最後のところ

まず左腕が地面と平行となる部分でフィニッシュとする。肩をいからせることないように。右腕が邪魔している可能性もある。右手は親指と人差し指でつまんで練習する。

 

ラグビーワールドカップのチケットを申し込む

f:id:neuf9trois3:20180519215619j:plain

こんにちは。はちはちです。

ラグビーが好きです!2019年に日本で開催されるワールドカップがとても楽しみであります。

今日から、このラグビーワールドカップのチケット申し込みが開始となりましたので、もちろん申し込みました。

 

実はこのワールドカップのチケット、いろいろと段階的に申し込み時期が異なっています。今日から開始されたのは、サポーターズクラブに登録されている人が、試合を選んで申し込めるというものです。

 

やっぱり観たいのは日本戦です。

そして準決勝、決勝ですかね。

 

日本戦は人気があります。

チケットも高いです。でも、せっかくなのでカテゴリーA席(一番いい席です。観客席の真ん中あたり)で観たいもんです。日本戦は予選が4試合ありますが、カテゴリーA席で、開幕戦のロシア戦が5万円、あとが4万円です。

日本戦は人気があるので、抽選で当たるのかどうかわかりません。すごーく当たりにくいなら4試合申し込むべきでしょう。でも、当たりやすくて4試合とも当たってしまったら、チケット代と旅費で大変なことになっちゃいます。

ということで4試合に申し込むのはリスクが高いので、私はロシア戦を含めた2試合に申し込みました。

 

後は決勝戦に申し込みました。日本が決勝まで行くことはないでしょうが、やっぱり観たい!カテゴリーA席で10万円です。いいお値段ですね…

当たって、ニュージーランド戦でハカが観れたら最高ですね~

 

 

満員電車でたまにいる人。

こんにちは。はちはちです。

満員電車でたまにいる人の話。

 

私はサラリーマンで、かつごく一般的な勤務時間です。

だから、朝は満員電車に乗って仕事場まで行っています。

で、その満員電車でたまにいる人の話です。

 

満員電車って、押し合いへし合いでみんなイイ気持ちではありません。

他人と接触するなんて、誰も望んでいませんし、したいとも思いません。

だけど満員電車だと揺れる度に片側からものスゴイ力が加わります。

その力はその上流の片側にたまたまいる、私の隣の人です。

そしてその力を私は「図らずも」その下流の隣の人に伝えてしまうわけです。

当然全く故意ではありません。当然ですっ!

 

そんなことは当然なわけで…

その力を伝えていた上流の隣の人に対して腹を立てることはありません。

だって、その人のせいではないとわかっているからです。

 

でも、たまにいるんですよね。

私がたまたまその上流の隣の人となった時に、その隣の人が露骨に不快な態度を示す場合がっ!もうっ、なんなんでしょう!不快なのはみんな一緒なのに…

 

たまたまですが、女性にそういう態度を取られる場合がありました。

最悪なのは、「肘を立てる」ケース。隣から圧をかけられるのに不快な思いをしたのでしょうが、隣の私に対して「肘を立てる」という行為をされたことがあります。

私も痛いし、そもそも他人と接触もしたくないのです。

でも、みんなが不快な思いをしている中で、露骨に罪のない人に対して、より不快な思いをさせるのっておかしい気がします。想像力が欠落しているのでしょうか。

 

あと、接触する度に、不快そうな顔でにらむ人もいます。

電車内で全体が同じ方向に力が加わり、全員が動いているのです。みんなが同じ不快な環境を共有している中で、なぜその中の一人がその隣の人に不快感を伝えるという意味のわからない状態になることがあります。しかも、ほぼ毎日満員電車に乗っていれば、その不快感を伝えられる不幸な一人になることもあるのです。

そんなことをしても、な~んにも解決しないのに…

 

愚痴ばっかり言っちゃいました…

娘の習い事がいきなり閉鎖ですと。

こんにちは。はちはちです。

 

娘が通っているバレエ教室が閉鎖されるそうです。まあバレエ教室だけでなく、文化センター自体が閉鎖になるって話です。

いつも閑散としているし、これでペイできているの?と心配になる文化センターではありました。でも、いざ閉鎖と聞くと、さみしいものです。

 

というのも娘自体もバレエ教室が気に入っていたわけで。けっこう楽しみにしていたわけです。いきなり(といっても、閉鎖になるのは9月末であり、それまでは続きます)なくなると言われれば、娘も悲しみます。

 

で、娘がバレエを続けたいと言えば、他の教室を探さないといけません。

これまでは月2回の日曜日ということで、共働きの我が家にとっては通わせやすい環境だったわけですが…同じような条件、かつウチから近いところが見つかるかは不明であり心配なところです。

 

娘が楽しんでいるのなら、別の教室を探したいし…もっと他のことをやってもいいし、と悩むところです。こういう時はどう決めるんでしょう。

 

親が、子にコレをさせるべし(ピアノの先生が子にピアノをさせる)くらいの確固たる信念があればいいですが…保育園に通う子が何をしたい、と明確な夢を語るわけでもなく…何をさせるべきか悩むところです。

 

当然、なにも無理にさせる必要なし、という選択肢もあります。でも、我が子が興味を示す何か、得意な何か、を見つけるためにいろいろな経験をさせてあげたい(幅広く可能性を模索したい)というのが親心でもあります。

 

ということで、子供の習い事をいろいろと検索中です。

 

日大アメフトの問題:真摯に受け止め、スポーツマンとして振舞ってほしい。

こんにちは。はちはちです。

 

日大アメフト部の悪質はタックルが問題となっています。

問題となったのは関学戦でのレイトヒットです。動画で見ましたが、ヒドイですね。あり得ません。まさにアンスポーツマンライクコンタクトなわけです。

なんでもそのレイトヒットの後にも反則を繰り返して退場処分になったとか(この動画は見れていませんが…)。

またこの反則行為には監督の指示があったとか。そして、この問題後の日大の対応にも批判が集まっています。

 

選手の安全のために、またスポーツとして成り立たせるためにも、しっかりとルールを守ってほしいです。

周囲の期待もあり、「勝つ」ということがなによりも優先すべき目標になっていたのかもしてませんが、大事なものを見失っていたのかもしれません。

アメフトというスポーツで競っているわけであるわけで、そもそもルールを守らなければスポーツとして成り立たないわけであります。

 

日大アメフト部の関係者は、この問題に真摯に対応し、自らの行為を反省してもらいたいと思います。

また関東学生アメフトの関係者始めアメフト関係者は、再発防止のために、日大アメフト部に対する厳格な処分も必要になるでしょう。

付け加えて、再発防止のために、日大アメフト部以外のアメフト関係者全体へのルール徹底と、なんらかの再発防止施策の推進が必要になってくるでしょう。

 

とにかく今回のような問題が繰り返されることがないようしてほしい!と切に願っています。

 

 

小説「ヴィジュアル・クリフ」読みました。面白かったです。キャラが強い主人公が活躍する小説は引き込まれますね。

 

 

 

雨の中、ゴルフレッスンに行く。

f:id:neuf9trois3:20180513213314j:plain

こんにちは。はちはちです。

今日は一日中大雨でしたね~。

 

またゴルフレッスンの備忘録としたいと思います。

 

1)クラブの握り

握りを変えます。これまで右手の小指を左手にかけていましたが、かけない握りに改めます。トップ時の握りの形を考えて握ります。

2)バックスイング前半

コレは前回と一緒ですが、体から行きます。腕だけでいかない。

3)バックスイング後半

左腕を遠くへ。右手と左手の間に支点があると考えて、左手を遠くへ。十分にストレッチさせる。

4)ダウンスイング

左膝から開く。腕だけにせず、腰から回す。ストレッチさせた左腕を戻すだけ。ストレッチを開放するだけ。できる限り、ゆっくりスイングしてみる。

5)全体

全体に力まないようにする。ストレッチさせて、それを開放させるだけ。スイング時は肩甲骨が動いているだけ。

 

昨日テレビで「後妻業の女」を観ました。元々、小説を読んでいましたがが、やはり小説とは少し違いましたね。大筋のストーリーは同じなんですが、フォーカスするポイントが違うんですかね。映画では尺も限られているので、省略しないといけない部分もあったりするんでしょうが。全体的なトーンが変わってきます。でも、もちろん映画も面白かったです。楽しめました。